アーカイブ | 5月 2016

  • 早漏対策に使えるリング状の製品とPE治療薬

    早漏は性交渉を行う上で、大きなハンディキャップとなります。 性器が感じやすい事自体は特に病気ではありません。 ただ、女性に性器を握られるだけで精液を出してしまう事やピストンを満足に始める前に射精してしまう事は、大きなハンディキャップとなり、健全な夜の営みが進められません。 早漏対策用にと、いくつかの専用グッズが販売されています。 勃起した性器に装着するリング状の製品もあり、根本に装備する事で早漏による早期射精を高い確率で防げます。 リング状の構造が性器を効果的に締め付け、感覚を鈍らせる仕組みです。 射精時間が遅らせるメリットが大きい分、長時間装備していると、性器が傷んだり、動脈硬化によるリスクを負います。 リング状の製品もオススメですが、早漏対策をよりスマートに進めたいなら、PE治療薬の方が適しています。 PEとは早漏症の事であり、その治療薬を性交渉の事前に服用すれば、射精までのスピードが3倍から4倍程、増やせます。 PE治療薬の主成分は、メンタルヘルスで処方されるお薬と似ています。 性器の感度を落としたり、射精の機能を奪う事で早漏を無くす仕組みではなく、 早漏の原因であるノルアドレナリンの働きを妨害し、安定した性交渉を支援するセロトニンの分泌を増やす事によって、時間延長を図るメカニズムです。 性器に特殊なグッズを装備していると、流石に妻や彼女には一発で「何か対策」をしている事がバレてしまいます。 一方でPE治療薬なら飲むタイプの製品ですので、こっそりベッドインの前に台所などで飲み込んでおけば、対策を講じている事は相手に露見しません。 PE治療薬は街の医院や、ネット上の個人輸入代行HPより手に入れられますので、特別な事をせずとも、普通に性生活のお助けアイテムとして使えます。